[php] 1年後まで有効とする Expires ヘッダを出力する

説明

コピペで世の中に出回っているコードはあまり格好良くないので、改良してみました。パフォーマンス的にはイマイチでも、見た目重視ということにしました。

このようなヘッダは、クライアントにコンテンツを積極的にキャッシュさせるため、期限切れまで全く確認のリクエストなしで使われます。サーバーからコンテンツが更新されたことを通知する方法はないのでアドレスを変化させましょう。

コード


header('Expires: ' . gmdate('D, d M Y H:i:s T', strtotime('+1 year')));

出力例

Expires: Sat, 15 Jan 2011 15:02:20 GMT

コメント

このブログの人気の投稿

[linux] ping は通るのに No route to host と言われる

[windows] Windows 回復環境 (WinRE) を修理する

[windows] システムのフォントが壊れた場合の対処方法