2011-12-27

メモリ増設後のテストは Memtest86+ のみでは不十分

先日メモリを増設したら、Memtest86+ は一晩中回してもパスするものの、実用するとランダムなプロセス (主な用途はネット閲覧用なので、Chrome のプロセスが多い) がクラッシュし、30分ほどで STOP エラー(ブルースクリーン) PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA, IRQL_­NOT_­LESS_­OR_­EQUAL などが出る不安定なマシンになりました。

状況から推測するにメモリの欠陥の可能性が大なのですが、Memtest86+ によるメモリのテストにパスすることで大いに困惑しました。Memtest86+ がよくテストしてくれるのは落ち着いたメモリアクセスでも発覚するメモリの物理構造上の欠陥であって、負荷がかかったときのアクセスタイミングの誤差のような微妙なところはカバーしないテストのようです(?)

結局のところオーバークロッカー御用達のメルセンヌ素数を素数判定することでメモリと CPU 全コアにストレスをかける Prime95 を走らせたところ、1秒で不合格になるので、Transcend の不良受付係に新しいのと交換してもらい、正常動作しました。

Prime95 にはメルセンヌ素数を探し続ける壮大な計画があるようですが負荷テスト用途にはユーザー登録しなくても使えます。

リンク
Memtest86+
Free Software - GIMPS - Prime95 の公式サイト
Prime95 Download - ComputerBase - 二次配布サイト